世界の保育&幼児教育現場で導入が広がる「感情教育(SEL)」とは?(入門編)

~子供達と日常できる感情ワークを学ぼう~

日時 2021年2月27日(土)10:00-11:30
対象 幼児保育&教育関係者のみなさま
※対象を幼児保育&教育関係者の方とさせていただいておりますが、内容にご興味がある方はどなたでもご参加していただけます
形式 オンライン(Zoomを使用します)
※参加型のワークショップとなっておりますので、ビデオオンで参加ができる方のみでお願いいたします。
参加費 無料
講師 石橋 芳子
その他 ・受講ご希望の方は、下記の申し込みボタンからお申し込みください。
・送信後、自動返信メールが届かない場合は、お申し込みの受付が完了しておりません。必ずご確認ください。メールアドレスを確認の上再度フォームからご入力いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
・Zoomを使うのが初めての方でも接続できるように詳しい説明書をお送りいたしますので、お気軽にご参加ください。

 

概要

今世界の保育&幼児教育現場ではこの「感情教育(SEL, Social and Emotional Learning)という教育的アプローチが注目されています。自分らしい人生をたくましく生きていく上での土台部分を作るとされる幼児期に、この「感情」と上手に向き合う経験を積めることこそがその後の高い自己肯定感や自信の醸成、やり抜く力や学力までも高めることが分かっているからです。

では「感情について学ぶ」とはどういうことでしょうか。

今回のこのワークショップでは「感情」という一見目に見えない捉えにくいものを皆さまに楽しく、そして体感として腑落ちして頂ける「体験型ワークショップ」というスタイルでお届けしていきます。また何故「感情」について学ぶ事が子供達の生き抜く力にとって大切なのかを分かりやすくお伝えして参ります。

大人、子供を問わず私達の行動、言動などの土台には「感情」があります。

ひとたび特定のマイナス感情に支配されてしまうと大人でも子供でも辛いものです。そんな時にどうやって子供達をサポートできるのか、それをまずは大人である先生方に体験して頂きたい、そのような想いから今回初めて「保育&幼児教育関係者さま限定」で開催をさせて頂くことにしました。

自分に自信のない子供や勇気を持てない子供にどうしたら自信を育んであげらえるのか、子供同士の喧嘩の間に入る際はどの様な視点の介入が必要なのか、真の思いやり、優しさの育み方とは?ーーこのような疑問に対する疑問や質問に対して「感情学習(SEL)」はヒントをもたらしてくれるでしょう。

そして子供達の感情面における成長を手助けしていく上で何より大切なのは彼らに寄り添う先生方における「感情教育の実践」です。このような感情面における学びは小・中・高等教育の現場ではもちろんの事、今では企業研修などにおいて大人を対象に実践されています。

それは一重に「感情」こそが私達自身が自分を知る上で、また他者との健全な関係性を気づき心地良く自分らしく人生を生き抜いていく上でとても重要なカギを握っていることが科学的根拠を持つようになってきたからです。

SEL、EQと英語の頭文字が並ぶことから「私達には関係ない」と敬遠されがちですが、ご参加頂く上で何の予備知識も必要ありません。子供達の未来を前向きに考えていきたいという先生方と当日「ありのまま」でオンラインにてお目にかかれることを楽しみにしております。

【こんな方のご参加をお待ちしております】

□感情教育(SEL)という言葉を初めて聴かれた方でこの内容そのものにご関心のある保育&幼稚園関係者
□今後の保育、幼稚園教育の在り方について考えていきたい保育&幼稚園関係者
□子供達の感情面における理解を深めたい幼児保育&教育関係者
□子供達向けのマインドフルネスに関心のある幼児保育&教育関係者

 


お申し込みはこちら 

お申し込み

Peatixイベントサイトに移動します。

お申込みいただいた方に、前日までにメールにてZoomのURLリンクや当日ご用意していただきたいものなどの詳細をお知らせいたします。
前日までにメールが届かなかった場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


これまでにBoostEQはばたこの教員研修会にご参加された方の声

・”自己肯定感をあげること”と知っていても、その具体的な内容を語っていただける研修がありません。その点、今回のような研修は受け終わった後、自分自身がスッキリされた気分になり、とてもよかったです。

・毎日忙しく、働いて眠ってまた働くことにいっぱいいっぱいの日々ですが、自分への思いやりの心を忘れず、いずれその心が子供達にも伝染してくれるといいな、、、と思いました。

・聞いているだけで前向きになれるそんな講座でした。今に心を置くというマインドフルネスを日常の中でも気づいた時には取り入れて習慣化したいと思いました。

・自分の心と身体、、、。忙しい日常の中で向き合っていなかったことに気づかされました。初めは緊張していた心と身体が終了後にはほぐれているのがわかりました。毎日少しの時間でも自分と向き合うことから始めていこうと思います。

・研修を受けて気持ちが少し楽になりました。保育に当たる前に、まず自分の心が穏やかな事が大切であることを忘れずに、セルフコンパッションを心がけたいです。EQは後天的に伸ばす事ができると知ったので、伸ばせるように方法を知りたいと思いました。

・自分のことを理解し、大事にすることではじめて対人支援ができるということに感銘を受けました。子供達の心の安定を図るためにも心掛けたいと思いました。

 


+4
>無料メールマガジン配信中

無料メールマガジン配信中

メルマガ購読はこちらからお申し込みください。 メルマガに登録いただくと今後のワークショップ情報、セルフコーチングのヒントなどもお知らせいたします。 これより先は、外部サイトに移動します。